お香・キャンドル・仏具などの通信販売
お仏壇の『株式会社 阪本』
〒644-0013
和歌山県御坊市湯川町丸山
477-5
フリーダイヤル 0120-37-8080
TEL:0738-23-3511
FAX:0738-22-9376
営業時間 9:00〜19:00
定休日 月曜日
お線香

お仏壇の阪本では、お線香の販売を行っております。

店舗内と、インターネットの通信販売(ショッピングカート)での販売となります。
なお、お線香に関する豆知識も紹介させて頂いております。
お線香に関して
お線香・お香

お線香のお買い求めは ⇒ ショッピングカートはこちらお念珠(数珠)のメニュー
お気軽にご相談下さい⇒ お見積り・お問い合せはこちら
お仏壇の阪本の店舗 ⇒ 店舗の案内はこちら
お線香のメニュー
お線香の起源 お線香の起源
お線香の選び方 お線香の選び方
お仏壇とお線香 お仏壇とお線香のあげ方
お線香のまめ知識 お線香のまめ知識


お線香の起源

お線香の起源は、聖徳太子の時代に淡路島に香木がが漂着したのがはじまりとされています。
正倉院の香木
それ以後、仏事や神事に使われるようになりました。
現在の棒状の線香の形になったのは江戸時代初期と言われています。

お線香とお香は基本的には同じで、主に仏事に使われるのがお線香、純粋に香りを楽しむためのものがお香とされています。


お線香の選び方。

香りで選ぶのが基本とされます。

人それぞれに好みがありますので、自分やご家族に合ったものを選びましょう。
お線香の種類により、煙の量がが少ないものと多いものがあります。
お線香の選び方

一般のお線香

主にご家庭の仏事で使用される長さ10〜30cm程度のお線香です。
宗派により供え方が異なりますが、一般的には「仏・法・僧」に供えると
いう考え方から、香炉に三本立てることが多いようです。

長いお線香

お寺や法要の導師用として使用されます。座禅香ともいわれ、禅堂で用いる70cm以上の長さのものもあり、大型の香炉に立てて使います。


お仏壇とお線香のあげ方

お位牌や遺影の並ぶお仏壇に飾る品は、各宗派によって違いますが、最も基本となるのは、お香・花・灯明です。
お線香を焚くのは、仏様に身も心も清浄にしてから近づかせていただくためで、線香でも抹香でもよく、香炉で焚きます。

お線香をお供えすることは、香煙を通じて仏様とお話するなどといわれております。仏前での御焼香は仏・法・僧(仏…お釈迦さま、法…仏の教えを説いた教典、僧…仏も教えを広めるお坊さん)への帰依を意味して3回行うといわれています。宗派によってちがいはありますが、お線香も仏・法・僧にならい3本立てるのが一般的だといえるでしょう。

お気軽に当店にてご相談下さい。 もしくはこちらからご相談下さい。
お線香のあげ方について
お線香のあげ方は(株)阪本↑ ページの先頭に戻る


お線香のまめ知識

Q、お線香はどう選んだら良いですか
A、香りで選ぶのが基本ですが人それぞれの好みがありますので、自分に合ったものを選びましょう。
機能的には煙の量の多少に分かれます。煙のあるお線香では「毎日香」や「青雲」、煙の少ないお線香の中では「青雲バイオレット」がおすすめです。また最近では、ラベンダーの香りの「かたりべ」や、白梅の香りの「花風」も人気です。

Q、お線香にはどんな種類がありますか。
A、お線香は原料によって「匂い線香」と「杉線香」の2種類に区別されます。

Q、お線香はなぜあげるんでしょうか。
A、お線香をお供えすることは、香煙を通じて仏様とお話しすることであると言われています。
自分の身を清めたり、仏様の食事といった意味合いもあるようですが、なによりも、よい香りで心を落ち着けて仏様と向き合うことに大きな意味があるといえます。

Q、お線香の消し方はどのようにするのが正しいのでしょうか。
A、火を消すときは、手であおいで消すのが礼儀とされています。吹いて消すものではないと言われているのは、神聖であるべき仏壇の前で息を吹きかけることは不作法とされているからです。

お気軽に当店にてご相談下さい。 もしくはこちらからご相談下さい。
お線香について
お線香は(株)阪本↑ ページの先頭に戻る